レディー

24時間対応で安心のアルソックAED|いち早く命を救うために

このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. より高精度な溶接機械

より高精度な溶接機械

ウーマン

レーザーを使う目的

溶接は基本的にはバーナーを用いて行います。コストパフォーマンスを考えるとバーナーを選ぶことになりますが、より高品質な製品に仕上げるためにはレーザー溶接が一番です。レーザー溶接の機械を導入する目的は、そういった高品質な製品を作れる環境にするためといえます。いままでバーナーを使ってきて、高品質な溶接が必要なときは外部の業者に委託していたのであれば、レーザー溶接の導入を検討しましょう。レーザー溶接の機械を自社で運用すれば効率のいい生産をお行っていくことが可能となります。より低コストの商品を作れるのでおすすめです。ただし、今作っている製品がバーナー溶接で充分だった場合は、レーザーの機械をもてあましてしまうことになります。レーザー溶接が必要な製品の数を増やすなどの工夫を行いましょう。

レーザーで知るべき事

レーザー溶接はバーナー溶接よりも知らなければならないことが多くあります。バーナー溶接で使う道具をそのまま流用することはできないことを知っておきましょう。そうしなければ最悪の場合は失明などの深刻なトラブルが発生してしまいます。溶接の資格や許可証を手に入れる際にそのあたりのプロが必要となるので、その指導をしっかり周知させましょう。そうすることで安全で確実な業務を行っていくことができるようになります。他に知らなければならないこととしては、電気料金が想像以上にかかってしまうという点です。バーナーの場合はガスですが、レーザーは電気を使って溶接します。同じ感覚で予算を決めると大変なことになるので、多めにコストを見積もっておくべきです。